私たちの理念

私たちの理念

私たちは香川の誇りである讃岐うどんを通じ、
お客様に「おいしさ・喜び・感動」をご提供することを継続し、
その大きさが一人一人の「幸せ」につながると信じて前進します。

創業の念(おも)い

私は15歳の時に高校を中退し、見かねた父親に奨められ、親戚の叔父が経営していた「うどんの庄かな泉」に入門しうどん職人になりました。何をしても打ち込めず長続きしなかった私が40年たった今でもうどん職人でいる姿を、当時の私はまったく想像していなかったと思います。最初からうどんに打ち込んでいたわけではなく、10代の私は仕事よりも遊び。遊びの合間に仕事をしている、そんな感じでした。

20代になると少しずつうどんに対する気持ちの変化が表れはじめ、自分の手打ちしたうどんに自信が持てるようになった20代後半になるとフツフツとした想いが芽生えはじめました。そして35歳の時に「自分の考える理想の手打ちうどんを世に問いたい」という想いで本格手打もり家を創業しました。当時は「食っていければそれでいい」と考えていましたが、その反面「ご来店頂いたお客様には必ず満足していただける」という自信はありました。

創業当時から一貫して本格手打もり家に自分自身がもつ「知力・体力・財力」の全てを注いできました。周りのみんなが学校で勉強している時に、私はうどんを打っていました。私にはうどんしかありません。だからこそ生涯現役を貫き、恩返しをしていきます。

代表 森田真司

ビジョン

「讃岐うどんの未来をつくる」

ミッション

  • 日本を代表する手打ちうどん職人を育成する
  • 讃岐うどんの新たな可能性・価値を追求する
  • 日本の食文化の普及・発展に貢献する

会社概要

社名 有限会社もり家
本社所在地 香川県高松市香川町川内原1575-1
代表取締役 森田 真司
設立 平成15年7月1日
創業 平成13年7月3日
資本金 300万円
取引銀行 香川銀行空港口支店
百十四銀行空港口支店
従業員数 8名
スタッフ 10名
店舗 本格手打もり家高松本店
本格手打もり家東京店

会社沿革

2001年7月3日 本格手打もり家創業
2003年7月1日 有限会社もり家設立
2007年 もり家うどん工房設立
2008年 催事事業スタート(近鉄百貨店)
2012年 伊勢丹新宿店に初出店
2015年 店主森田がプロフェッショナルに出演
2016年 ふれあい館設立
2019年11月1日 本格手打もり家東京店オープン